COQUET いしとよ
  • TEL 0182-32-5609
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 新着情報
  • 新商品
  • おすすめ
  • 限定品
  • イベント
  • サービス
新着情報

美人度UP⤴メイク法😆

pc_8_detail_hd_pic_BT51

〜今日のいしとよ第93回〜

眼鏡はファッションとしても人気のアイテム。

花粉の防御アイテムとして使う人たちにも眼鏡姿を少しでも楽しんでもらうために、

眼鏡をメイクの味方につけましょう。

まずは目元から。眉毛は眼鏡のフレームの上から出る部分なので、

眼鏡のフレームがフラットなら眉もストレート気味に。

丸みを帯びているものなら、ややカーブ気味に描きましょう。

フレームに合わせることで、太眉でも主張され過ぎず、しっくりと顔にハマります。

アイシャドウはナチュラルカラーをチョイス。

ベージュ系をアイホール全体にのせたら、

そのベージュよりやや濃いブラウン系のアイシャドウを上まぶたの目の際に入れて。

マスカラは、盛り過ぎないことがポイントです。

長さを出し過ぎるとレンズに触れてしまい邪魔になるので、

まつ毛1本1本を広げるセパレートタイプで自然に仕上げるのがおすすめ。

物足りなさを感じるなら、下まつげをしっかりとつけましょう。

長さと量感が出て、印象的な目元になりますよ。

普段のメイクより薄盛りと思っても、この上から眼鏡をかけると、

フレームが囲み目効果を与えてくれ、目力アップ!まさに“眼鏡は顔の一部”だと思いましょう。

頬は肌なじみのいいベージュ系がベスト。

チークは眼鏡と肌の境目にくるものなので、

鮮やかな色をのせてしまうと悪目立ちしてしまい、厚化粧っぽく見えてしまいます。

また眼鏡をかけると、フレームに強調されて頬がたるんだ印象に見えることがあるので、

頬骨の中心から耳方向に引き上げるように塗ることがポイントです。

顔の中で圧倒的な存在感が出る眼鏡と対照的にするために、

唇も血色感を感じさせる程度のベージュピンクなどがベター。

ただ、唇全体にしっかり塗り、ツヤ感を出すことできちんと感はアピールできます。

 

本日のバースデイカラー『古代紫』

色言葉は『落ち着き・品位・高貴』

COQUETいしとよ

電話番号 / 0182-32-5609
住所 / 〒013-0025 秋田県横手市寿町5-6
駐車場 / 店舗前に5台駐車スペースあり
定休日 / 第2・3日曜定休
営業時間 / 10:00 ~ 19:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です