間違ったクレンジングは、肌トラブルの元

af9920077697m-re

〜今日のいしとよ第133回〜

クレンジングを使うと、メイクと一緒に、

肌についたその日の汚れが一気に落ちるような気がして、

とても気持ちのいいものです。ですから、

メイクをしない日であっても、必ずクレンジングを使ってから洗顔する、

というような方もいらっしゃるようですが、

果たしてクレンジングは、肌に良いものなのでしょうか?

実はクレンジングは肌への負担が大きいのです。

落としきれなかったメイクが肌に残ってしまうと、

皮膚の新陳代謝を妨げてしまうので、シミやシワができやすくなり、

肌の老化を早めてしまうことになります。

ですから、メイクは必ず落とさなくてはならないものです。

しかし、メイク化粧品には油分が含まれているため、

つけると肌にぴったりと密着してしまい、水では落としきることができません。

が、クレンジングに含まれる油分と反応すれば、

落とすことができるようになるのです。

油で汚れた食器が、オイル洗剤で綺麗になることを、

「油が油を落とす」という言葉で表現することがありますが、

クレンジングの仕組みもそれと同じなのです。

しかし、健康な肌には、雑菌から守るために水分のバリアを張る機能があり、

それをつくるのが皮脂なのですが、

クレンジングはそれらの皮脂まで一緒に落としてしまいます。

すると乾燥しやすくなるだけでなく、肌は抵抗力を失うため、

様々な肌トラブルを引き起こす原因にもなります。

ですから、なるべく負担のかからない方法で化粧を落とすように心がけ、

メイクをしていない日に、クレンジングを使うようなことは控えるようにしましょう。

※スキンケア大学抜粋

 

本日のバースデイカラー『アジュールブルー』

色言葉は『助け合い・行動・成長』

COQUETいしとよ

電話番号/0182-32-5609
住所/〒013-0025 秋田県横手市寿町5-6
駐車場/店舗前に5台駐車スペースあり
定休日/第2・3日曜定休
営業時間/10:00~19:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です