冬の「アイメイク崩れ」の原因は乾燥にあり

〜今日のいしとよ第388回〜

冬は空気が乾燥しやすい季節です。その結果、肌、髪などもぐんぐん乾燥。乾燥は、ファンデーションがくすむ、乾燥ジワが生まれる等のベースメイク崩れのみに影響を与えるわけではありません。アイメイクがヨレてしまう原因も、ここにあったのです。

1.目の乾燥

空気が乾くことで、目自体も乾燥します。乾燥した目は、潤そうと頑張るから涙が出る。その結果、アイメイクが滲んでしまうのです。また、目が乾くと自然と瞬きが増えますよね?これも、アイメイクが崩れる原因となります

対策①メイク前に目薬を

本当ならば、日中も目薬で潤いをプラスして欲しいところですが、「目薬によってメイクが崩れてしまう」という懸念点も・・・。これを防ぎたい。だけど目を潤したい。そんなときはメイクの前に目薬を点すことを習慣にすると良いでしょう。

対策②まつ毛をカールし過ぎない

まつ毛が根元からしっかりカールされている目元は目力が出るし、目が大きく見えるしでとっても可愛い♪だけど、目を乾燥や空気中の汚れから守るためには、まつ毛の防御効果が不可欠なのです。そこで、乾燥が気になる場合にはあまりまつ毛をカールさせ過ぎないというのも気を付けたい部分です。

対策③粘膜部分にメイクがつかないようにする

粘膜部分のメイク(インサイドライン)も目の印象を強めるのに非常に効果的ですが、毎日これをしているとドライアイになる可能性があると言われています。(詳細は専門家の意見を参考にして下さい。)また、インサイドのメイクはアウトサイドのメイクと比べて、元々落ちやすいもの。メイクを崩したくない日は最初から粘膜部分のメイクをしないという作戦もあります。

 

🌟GOD-Make.抜粋

本日のバースデイカラー『グラスグリーン』

色言葉は『感性・ユーモア・熟成』

COQUETいしとよ

電話番号/0182-32-5609
住所/〒013-0025 秋田県横手市寿町5-6
駐車場/店舗前に5台駐車スペースあり
定休日/第2・3日曜定休
営業時間/10:00~19:00