【How to】エレガンス フルエクステンション マスカラはこう使う

〜今日のいしとよ第777回〜

もうマツエクはいらない??

早くも話題のエレガンス フルエクステンション マスカラについて、今日はあらためてフルエクな使い方をご紹介させていただきますねハート

ずっと目元のトレンドをリードしたアイテムといっても過言ではないマスカラ。でも今どきは、自分のなりたいまつげ、ほしい印象に合わせて選ぶことがトレンドとなっているようですね。

そんな中、濃密感もボリューム感もあって、でもナチュラル感もあって…。そんな目元の印象をお探しの方にお応えできるよう、ひとぬりで、まるでマツエクしたいみたいなふさふさ感をかなえる、フィルムタイプのマスカラを誕生させました。

そうなるポイントはふたつ。マスカラ液とブラシにあります。

ボリュームとロング2種のファイバーを配合したマスカラ液。ボリュームタイプでファイバー入りのものはまだまだ少ないのですが、どちらも欲しいまつげの願いを叶えられるようにしました。そのマスカラ液の特長を存分に発揮させるのが、日本人女性の目幅に合わせたダブルフェイスのブラシ。このダブルフェイスを生かして使えば、インパクト大な目元になれちゃいますよ×100

 

 

毛足の短いボリューム面は、マスカラ液をたっぷりまつげに付着させ、毛足の長いロング・セパレート面では、まつげをとかすように液を毛先まで付着させ、長さととぼたぼたした印象にならないセパレート感を。

だからまずは、毛足の短いボリューム面をまつげの根元に当て、毛先に向かって一気にカールアップさせながらまっすぐ塗ります。

写真ではわかりやすいように正面を向いてつけていますが、目線がやや下向きになるように、鏡を斜め上から覗きこむようにしながら塗れば、カールアップしたまつ毛がまぶたにつきにくく使いやすいかもオッケー

ボリューム感をつくったら、次は毛足の長いロング・セパレート面を、こちらもまつげの根元に当て、コーミングするように重ねづけします。もちろん全体でも、目尻などポイントだけロング&セパレートにしても◎

「これ、本当に自毛??」そんなため息が漏れること間違いなしです(はい、もちろん私は漏らしました 笑)

ボリューム、長さ、上向き、セパレート。すべて叶う エレガンス フルエクステンション マスカラ は濃密なブラックとやや赤みよりななじみのいいブラウン。乾けば落ち着いたパープルになる限定色のピンクパープルの3色でご紹介中。

🌟ALBION−BLOG抜粋

本日のバースデイカラー『フクシャパープル』

色言葉は『国際感覚・活発・指導者』

COQUETいしとよ

電話番号/0182-32-5609
住所/〒013-0025 秋田県横手市寿町5-6
駐車場/店舗前に5台駐車スペースあり
定休日/第2・3日曜定休
営業時間/10:00~19:00