化粧品にも“消費期限”がある

〜今日のいしとよ第821回〜

化粧品にも消費期限があります。食べ物同様、時間が経てば劣化しますし、アイテムによっては冷蔵庫保管に指定されているものもあるでしょう。最近の化粧品はナチュラルな素材を使い、防腐剤なども入っていないものが増えているため、以前よりも傷みやすいものも増えています。

きちんと消費期限を意識して、開封後はとにかく早く使い切るようにしましょう。そして、数年前の使い残しの化粧品を見つけたときは、勿体無いなどとは思わずに、潔く捨てるようにしましょう。

食べ物であれば、無理して食べてお腹を壊す危険は冒さないはず。化粧品でも同様と心得ておきましょうね。

スキンケア商品はとくに早く使い切ろう

化粧品の中でも、肌に直接つけて、長時間肌にのせておくスキンケアアイテムは、消費期限が短いです。また、劣化したものを使用した時のダメージも大きいので、早めに使い切るようにするとよいでしょう。

スキンケアアイテムの目的は、そもそも肌をきれいにすること。悪くなったものを無理して使っては逆効果です。そうならないために、意識して早く使い切るようにしましょう。

ひとつのアイテムを使用中に次のアイテムに切り替えるときは、先に使用していたアイテムは思い切って捨てるか、体に使う、入浴剤代わりにするなどして、素早く使い切るようにしましょう。取っておいて後で使うのは、とても危険!

🌟GOD.Make抜粋
本日のバースデイカラー『シルバーグリーン』

色言葉は『可能性・行動力・明哲』

COQUETいしとよ

電話番号/0182-32-5609
住所/〒013-0025 秋田県横手市寿町5-6
駐車場/店舗前に5台駐車スペースあり
定休日/第2・3日曜定休
営業時間/10:00~19:00