唐辛子に含まれているカプサイシン

〜今日のいしとよ第959回〜

カプサイシンの他に含まれているのは?

唐辛子=カプサイシンというのが一般的ですが、唐辛子に含まれているのはカプサイシンだけではありません。

唐辛子にはカプサイシンしか含まれていないように見えますが、カプサイシンの他にもカリウムや鉄分といったミネラル成分やビタミンA、ビタミンB2、ビタミンEなどといった成分も豊富に含まれています。

しかし唐辛子を一気にたくさんは食べることはできないので、カリウムや鉄分といったミネラル成分やビタミンA、ビタミンB2、ビタミンEなどといった成分は十分に体内に取り入れることはできなくなっています。

辛い物をたくさん食べている人は肌が綺麗?

美容大国である韓国人の肌はとても綺麗だとよく言われていますよね。韓国の人たちは毎日たくさんの唐辛子を使って作られたキムチを食べ、基本的に味付けが辛くなっている韓国料理を食べ続けています。

辛いものを食べてカプサイシンを摂り入れることにより、発汗作用が働きたくさんの汗をかきます。普段かく汗とは違い、カプサイシンを食べて出る汗には水分だけでなく油分が混ざっており、肌の保湿分と油分をキープすることができます。

カプサイシンを摂り入れて汗をかくことで、肌の保湿分・油分のバランスがとれ、肌が乾燥したり脂っぽくなってしまったりすることなく美肌の状態を保ち続けることができます。

韓国の人たちはニキビが1つできても病院に行ったり、毎日パックをしたりなど肌のケアには人一倍気を使っているので、美肌の元はカプサイシンだけではないとは思いますが、毎日の生活の中で辛い食べ物が欠かせなくなっている韓国人女性の美肌とカプサイシンは関係性の高いものだと思われます。

🌟GOD−Make.抜粋

本日のバースデイカラー『桑の実色』

色言葉は『直観・信念・宗教』

COQUETいしとよ

電話番号/0182-32-5609
住所/〒013-0025 秋田県横手市寿町5-6
駐車場/店舗前に5台駐車スペースあり
定休日/第2・3日曜定休
営業時間/10:00~19:00