アンチエイジングに効果あり!カボチャの美容効果と太らない食べ方

〜今日のいしとよ第968回〜

カボチャの皮と種に注目

料理するときに捨ててしまいがちのカボチャの皮と種ですが、カボチャの皮の部分にはいつも食べている黄色い果肉部分よりも豊富にβ‐カロテンが含まれているといわれています。

さらにカボチャの種には黄色い果肉の部分の約5倍ほどのβ‐カロテンが含まれているので、カボチャを使って料理をする際には大事な栄養素を捨ててしまわないように、なるべく料理に活用していくことをオススメします。

カボチャの種は生でそのまま食べてしまうと消化に悪いので、市販で売っている加工済のものを使うのも良いかもしれません。

油と相性が良いカボチャ

カボチャに含まれているビタミンAやビタミンEなどは脂溶性ビタミンとなっており、油を使って調理することで栄養素の吸収率がよくなります。

油との相性がよいからといってもダイエット中はあまり油をたくさん使ってしまうと逆効果となってしまうので、油を控えめに使ったソテーなどがオススメとなっています。

またカボチャには糖分も含まれているので、ダイエット中はマヨネーズで食べたり甘辛く煮た料理などは控えるようにしましょう。

🌟GOD.Make.抜粋

本日のバースデイカラー『蜜柑色』

色言葉は『エネルギー・大望・現実』

COQUETいしとよ

電話番号/0182-32-5609
住所/〒013-0025 秋田県横手市寿町5-6
駐車場/店舗前に5台駐車スペースあり
定休日/第2・3日曜定休
営業時間/10:00~19:00