化粧水のようなファンデも7代目「エレガンス モイスト シェイクアップ」

〜今日のいしとよ第1004回〜

ここ数日で気温が一気に下がり、急な秋の訪れに少しとまどいますね。先日、あわてて掛け布団を足した我が家ですが、週末には服も肌着も一気に秋冬ものに入れ替えました。

 

肌着といえば、ランジェリーやワンマイルウエアも含め、ここ数年で大きくトレンドが変わったのを感じます。かつての寄せて上げるタイプでボディをつくりこむより、ワイヤレスやシームレスのようにつけ心地がよいことや、表に響かないことを重視する人が増えたようです。

 

さらに今年は、オーガニックコットンやシルクなど、素材にこだわった肌に負担をかけないものがたくさん出ていますね。多忙を極める今の女性たちが求める「エフォートレス(肩の力を抜いた)」というキーワードは、トレンドというよりひとつの定番になっていくのかもしれません。

 

エレガンス

モイスト シェイクアップ

<ファンデーション>

35ml / 5色 各\5,000円(税抜)

 

実は、この秋生まれ変わったエレガンスの「モイスト シェイクアップ」は、”元祖エフォートレス ファンデ”ともいえるロングセラー。初代が発売された1986年当時は、パウダーやクリームタイプが主流の時代。しっかり肌をつくりこむメイクがトレンドだったため、化粧水のような姿とみずみずしい使用感はとてもセンセーショナルでした。

ローションとパウダーの二層に別れているのが最大の特徴ですが、ローションだけ出して触ってみると(まねしないでくださいね!)、しっとりタイプの化粧水のよう。一方、パウダーはとても粒子が細かく形状もさまざまなので、毛穴や凹凸を自然にカバーしてくれます。この2つが一体となって肌にフィットして「まるで素肌」な仕上がりを叶えてくれるのですキラキラ

二層に分かれているので、使い方にはちょっとしたコツがあります。ポイントをご紹介しますが、動画もぜひご覧くださいね。(小さいので、公式サイトのほうがキレイに見えるようです)

 

 

【きれいに仕上げるポイント】

①よく振る。すごくよく振る(動画では若干省略していますが、最後まで同じバランスでお使いいただくため、しっかり振ってください)

②適量は、顔半分で2~3滴くらい

③手のひらにとり、ほほから顔全体にパッティングするようにつけ、目もとや小鼻は指先で少しずつ薄くなじませる

 

*手でつけるとカバー力アップ、メイクアップスポンジでつけるとより素肌感のある仕上がりに。

 

軽やかでいてうるおい感のある、化粧水のようなファンデーション。オイルフリーなので、Tゾーンがテカリやすい方でも、さらりとセミマットな肌が続きます。

 

そのナチュルな仕上がりは、逆に言えば、しっかりカバーしたい方には物足りないかもしれません。でも例えば、ちょっとワンマイルのお出かけやジムで汗を流す日、カジュアルな装いのときなど、つくりこんだ肌が似合わないシチュエーションは誰にでもあるはず。今日は肩の力を抜いた軽やかな肌がほしい。そんなときのセカンドファンデとしてもおすすめですよハート

 

モイスト シェイクアップのきれいなつけ方

サンプルからトライ♪クーポンはこちら

 

🌟ALBION−BLOG.抜粋

本日のバースデイカラー『サンオレンジ』

色言葉は『配慮・構想・瞬発力』

COQUETいしとよ

電話番号/0182-32-5609
住所/〒013-0025 秋田県横手市寿町5-6
駐車場/店舗前に5台駐車スペースあり
定休日/第2・3日曜定休
営業時間/10:00~19:00