冬もいきいきと♡温活のすすめ

〜今日のいしとよ第1113回〜

1日にいったい何度、「ううっ、寒いっっ寒い」って言えばいいの…と思うくらい、毎日本当に寒いですね。風邪はもとより、インフルエンザがとても流行っていると聞きますが、みなさん体調など崩されてはいませんか?

 

また、冷えは冬だけではなく、夏だって冷えと戦っているという方も多く、きっとみなさんさまざまな「マイ温活法」をお持ちだと思いますが、その温活で意識したいのは

熱を逃がさない

熱をつくる

熱を運ぶ

に、集約されるように思います腕。

そのためには、体を外から温めること、また体をぽかぽかにするような食事を心がけること。そしてその熱のめぐりをよくするために、適度な運動を続けることなどが大切ハート

湯たんぽ、腹巻、アロマのバスタイム。朝ごはんをしっかりいただく、白湯習慣、根菜たっぷりのお味噌汁にしょうがをいれる。ホットヨガやストレッチ、エスカレーターに乗らずに階段を使う。などなどなど…みなさんの温活はどんなスタイルでしょう?

☆真冬の冷えを解消する食事のすすめ(アルビオンHP BeautyTips 026)

☆厳しい冬に負けないきれいをつくろう ハーブで美活(イグニスHP WEBマガジン Vol.21)

そして、冬はお肌の温活も忘れてはいけません。だって、常に外気に触れている顔にとって、「熱を逃がさない」なんて、無理な話なんですから…えへへ…

そこでおすすめしたいのが「マッサージ」

なかなか習慣にならなくて…という方もいらっしゃるかもしれませんが、ご自身のお肌に合わせたマッサージクリームを使って、指先や手のひらで軽く肌をさすってあげたり、美のツボを探せばそれはもう極上の肌温活~Э 肌だけじゃなくて、きっと心の冷えやこわばりまで、フ~ッと楽になること間違いなしですよハート

☆アルビオンのマッサージラインナップはこちら

☆イグニスのマッサージラインナップはこちら

———-☆
マッサージ基本のやり方

マッサージは、肌や気がかり、またそのマッサージクリームの持つ美容目的によって様々ですが、基本のやり方をご紹介します。

 

テクニックの前に

マッサージ料の使用量は親指の第1関節量が目安です

マッサージ料を額、両ほほ、鼻の頭、顎の5ヶ所にのせ、お顔全体にのばします

 

 

① 中央→外側へ、らせんを描きます。

目の下

② 目頭→目尻へ、ソフトにすべらせ、こめかみを指圧。

③ 上下にすべらせ、小鼻は小さくクルクルと。

口元

④ 唇の下、中央→口角へ引き上げます。

 

 

ほほ

下から順に、中央→外側へ大きくらせんを描きます。

 

自分にぴったりのやり方をお知りなりたい方は、是非お近くのアルビオンコーナーにお立ち寄りください☆より詳細にパーソナルにご紹介させていただきます♪

———-☆

寒い冬、肌へのいたわりを忘れずにいれば、冬美肌だけじゃなくて季節の変わり目も、いきいきとすこやかに迎えられます。お肌も気持ちもあたたかくして過ごせるように、どうぞ温活をお忘れなくハート

 

🌟ALBION.BLOG.抜粋

1月12日生まれの著名人

  • ジャック・ロンドン
  • 村上春樹
  • 井上雄彦
  • 中谷美紀
  • 藤巻亮太
  • 田中美保
  • イモトアヤコ
  • 橋本愛
  • 西村愛華

COQUETいしとよ

電話番号/0182-32-5609
住所/〒013-0025 秋田県横手市寿町5-6
駐車場/店舗前に5台駐車スペースあり
定休日/第2・3日曜定休
営業時間/10:00~19:00