どうして「冷え」や「むくみ」が起こるの?

〜今日のいしとよ第1145回〜

血管が上手に機能できていない

身体の「冷え」に大きく関係しているのが、正常に血管が機能できているかという問題。交感神経が活発に働いているときには身体の中心に血液が集まって、副交感神経が活発に働いているときには毛細血管の隅々に血液が流れるのだそう。

これらの動きが正常に機能することは、血液の流れがスムーズに巡っていることになるため、冷えにくい身体になります。

毛細血管の減少

人間は年齢を重ねると、毛細血管が減少し始めるんだとか。毛細血管が減少することによって、上述のような血液の巡りが正常に機能しにくくなり、「冷え」や「むくみ」を引き起こします。

一般的に毛細血管は40代頃から減少し始めると考えられており、60代の頃には20代の頃に比べておよそ4割程度の毛細血管が減るそう。また、毛細血管は加齢以外にも、生活習慣の乱れやストレスによっても減少していくので、若い世代の方でも減少するケースは考えられます。

ストレスが溜まっている

ストレスも身体に「冷え」をもたらす大きな原因のひとつです。ストレスによって身体が冷えると、交感神経が優位に働くので、血液の流れが低下していきます。その結果、動脈の筋肉がこわばるので毛細血管に届く血液が減少してしまうのです。血液の巡りを滞らせてしまうことによって、「冷え」が起きます。

睡眠不足

睡眠中はストレスに対抗するホルモンの分泌も行われています。特に明け方にかけて、ストレスに対抗する効果のある“コルチゾール”というホルモンが活発に分泌されているのです。そのため、快適な睡眠はストレスによる「冷え」の改善につながります。

 

🌟GOD.Make.抜粋

2月13日生まれの著名人

  • 森本レオ
  • 佐藤B作
  • 出川哲朗
  • 南原清隆
  • ヒロミ
  • ハリウッドザコシショウ
  • 阿部力
  • 井口卓人
  • 加藤諒
  • 有村架純

COQUETいしとよ

電話番号/0182-32-5609
住所/〒013-0025 秋田県横手市寿町5-6
駐車場/店舗前に5台駐車スペースあり
定休日/第2・3日曜定休
営業時間/10:00~19:00