「冷え」や「むくみ」を改善する方法

〜今日のいしとよ第1146回〜

睡眠時間の確保

毛細血管の力を上げるためにも、副交感神経の働きを活発にすることが大切です。そのためには、睡眠時間の確保が効果的。たっぷり睡眠時間を作ることで、血管を緩める時間をとりましょう。

また、適度な運動によって血液の流れを促進することもおすすめです。

アロマの力でリラックス効果を得る

リラックス効果の高いアロマの香りを取り入れるなど、アロマテラピーの力を貸りるのも効果的です。身体がリラックスすることによって、副交感神経の動きが活発になり、ストレスによる冷えを改善することができます。

ゆったり身体が休まるような、お気に入りの香りのアロマを日常に取り入れてみてください。

正しい姿勢を心掛ける

姿勢を正すように意識することで、正しい姿勢を支えるために働く筋肉を鍛えることができます。体内で熱を生み出すためには筋肉の働きがとても大切なので、筋肉の動きを強化することで発熱しやすい身体づくりをすることができます。

発熱しやすい基盤を作っておくことで、筋肉も増え身体は冷えにくくなります。

日常的に適度な運動を取り入れる

適度な運動を取り入れることによって、冷えにくい身体づくりも効果的に行うことができます。毛細血管を増やすために筋トレを行い、有酸素運動を取り入れて血液の流れを促進しましょう。無理して行う必要は無いので、筋トレは5分程度・有酸素運動は15分程度取り入れることをおすすめします。

入浴後のストレッチを取り入れる

冷え対策の方法のひとつに、固くなりやすい股関節を開くストレッチなどを取り入れることをおすすめします。身体がほぐれて、血液の流れがスムーズになっているお風呂上がりのタイミングのストレッチが効果的。腹式呼吸をしながら、ゆっくり足腰を伸ばしたり、股関節を開いてみてください。副交感神経が活発に働いてくれます。

顔のマッサージで血色アップ

会社や自宅で、顔が冷えていたりくすんでいるように感じた経験はありませんか。顔が冷えると、目の下のくまやくすみ、むくみなどを引き起こす要因になりかねません。顔の血液の流れを良くするためにも、顔や耳周りのマッサージに挑戦してみてください。

首をあたためる

首には太い血管が通っていて、首をあたためることで全身の血液の流れがスムーズになります。首元の冷え対策をすることによって、自律神経の働きを整えてくれたり、疲れにくい身体づくりにも効果的です。

 

🌟GOD.Make.抜粋

2月14日生まれの著名人

  • マルシア
  • 斎藤隆
  • 平子理沙
  • ヒロシ
  • JUJU
  • 山口紗弥加
  • もう中学生
  • 植草裕太

COQUETいしとよ

電話番号/0182-32-5609
住所/〒013-0025 秋田県横手市寿町5-6
駐車場/店舗前に5台駐車スペースあり
定休日/第2・3日曜定休
営業時間/10:00~19:00