エイジングケアにおすすめの栄養素

〜今日のいしとよ第1181回〜

たるみやしわ、シミなどのエイジングサインは、年齢を重ねるごとに進行します。しかし、加齢によるものだから仕方ないとあきらめる必要はありません。

シミやそばかすを作らないよう、紫外線ダメージに負けないすこやかな肌作りをする、肌の奥にあるハリや弾力をサポートするコラーゲンを増やすなど、肌の内側の若さをキープしましょう。

20代、30代の食生活が、ふっくら透明美肌の40代、50代をつくると心得て、しっかり栄養を摂取したいですね。

エイジングケアにおすすめの栄養素を紹介します。

タンパク質

乾燥肌におすすめの栄養素であるタンパク質は、エイジングケアにも有用です。タンパク質は約20種類のアミノ酸から成っていて、肌の奥でハリや弾力を生み出すコラーゲンの材料になります。

肉や魚抜きのダイエットをしている人は、体は痩せても、肌のハリが失われて顔はシワシワなんてことになりかねません。適切な量のタンパク質を摂取してくださいね。

ビタミンC

果物やピーマンに多く含まれるビタミンCは、上質なコラーゲンを増やす働きがあります。また、シミの原因になるメラニンの生成をおさえて、シミやそばかすを防いでくれます。

さらに、細胞にダメージを与える体内の活性酸素を分解する役割も。活性酸素はエイジングサインの原因になると言われています。

医薬品のビタミンC製剤を補助的に使うと、多くのビタミンCを摂取できますが、塩分を含むタイプもあるので注意が必要。「ナトリウムを含まない」と記載がある製品を選ぶのが○。

ビタミンE

ナッツ類やごまに多く含まれています。「若返りのビタミン」とも言われるビタミンEは、肌のバリア機能を高めて紫外線から肌を守ったり、体内の活性酸素を取り除いたりする働きがあります。

ビタミンEは食事での摂取量が不足しがち。サプリメントなどを有効活用しましょう。

 

🌟GOD.Make.抜粋

3月21日生まれの著名人

  • ヨハン・セバスチャン・バッハ
  • 平野レミ
  • 加藤和彦
  • ロナウジーニョ
  • 黒崎えり子
  • 有田隆平
  • 佐藤健
  • 水沢エレナ
  • 森杏奈

COQUETいしとよ

電話番号/0182-32-5609
住所/〒013-0025 秋田県横手市寿町5-6
駐車場/店舗前に5台駐車スペースあり
定休日/第2・3日曜定休
営業時間/10:00~19:00