塩の種類について

〜今日のいしとよ第1314回〜

塩をつくる方法で分けると、大きく2つに分けられます。

1. 海水塩

日本は周りを海で囲まれているため、海水塩が多いです。ミネラルが豊富で、まろやかな味が特徴です。海水を何らかの方法で蒸発させて作られます。

「あら塩」として売られているものは、粒が荒く、にがりを多く含んでいます。

にがりとは、海水から塩をつくる際に出る液体で、ミネラルが豊富です。にがりの量が多い塩は、複雑な味・コクがあります。ミネラルの成分である、塩化カリウムや塩化マグネシウムは苦味を感じさせるため、そのような味を作りだしているわけです。

粒が大きい分、食べたときにしょっぱさを感じやすいです。また、料理する際も溶けるのに時間がかかるため、煮込み料理や漬物などに向いています

精製塩

スーパーやコンビニで見かけることが多い塩です。原材料は海水ですが、ミネラルを取り除き、機械を使って結晶化するため、精製塩と呼ばれます。

ミネラルを含まず、塩化ナトリウムのみなので、栄養価は他の塩と比べると一番低い塩です。安い値段で売られているのも特徴です。

天然塩

海水を原料にし、太陽や風などの自然の力を利用して海水を蒸発させ、釜で煮詰めて結晶化させた塩です。

精製塩と異なり、ミネラルが豊富であることが特徴。主なミネラルは、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、ヨウ素など。

再生加工塩

天日塩に、人工的ににがりを加え、釜で結晶化させた塩です。ミネラルが豊富なにがりを加えることで、ただ塩辛いだけではなく深みのある味になります。

2. 岩塩

昔、海だった場所が地殻変動などで隆起し、海水が閉じ込められ、結晶化したもの。見た目も、岩のようにゴツゴツしています。

外国産が多いですが、産地によって桃色、黄色など色はさまざまです。ミネラルは豊富ですが、不純物が混入していることも。

大昔から、長い年月を経てつくられた天然塩です。水に溶けにくく、味は丸みや旨みがあり、他の塩よりも塩味を強く感じることが多いのも特徴。

具体的には、

  • ピンクロック
  • アンデスロック
  • ヒマラヤロック
  • モンゴルロック
  • ブルーロック

などの岩塩があります。

3. 湖塩

塩湖という塩水の湖でとれる塩です。ウユニ塩湖、死海、カスピ海など。日本では作られません。生産量はそれほど多くないため、他の塩に比べると値段が高いことが多いです。

成分、味ともに、海水塩と岩塩の間くらいです。

 

🌟GOD.Make.抜粋

8月1日生まれの著名人

  • 菅原道真
  • 成田きん
  • 蟹江ぎん
  • 金田正一
  • イブ・サンローラン
  • 田村正和
  • 米倉涼子
  • 冨永愛
  • NESMITH
  • 黒川智花

COQUETいしとよ

電話番号/0182-32-5609
住所/〒013-0025 秋田県横手市寿町5-6
駐車場/店舗前に5台駐車スペースあり
定休日/第2・3日曜定休
営業時間/10:00~19:00