チーズの種類とおすすめの食べ方

〜今日のいしとよ第1317回〜

チーズを大きく分けると、「ナチュラルチーズ」と「プロセスチーズ」の2種類に分けられ、ナチュラルチーズはさらに7種類のタイプがあります。

1. ナチュラルチーズ

乳を乳酸菌や酵素のはたらきで固めて水分を減らしたもの。多くは、発酵熟成されています。

乳酸菌が生きているため、熟成とともに風味が変わるのが特徴。原料の乳の種類、製造方法、どんな微生物を使うかによっても味が変わります。

フレッシュタイプ

◎カッテージ、モッツァレラ、クリームチーズ、マスカルポーネなど。

軽い酸味、さわやかな風味が特長。乳に酸や酵素を加えて固め、熟成させないチーズ。

カッテージチーズはリンゴやぶどう、キウイなどにのせて食べるのがおすすめ。マスカルポーネチーズは、そのまま食べても、ナッツ類と一緒に食べるも良し。果物にも合い、パンにぬってもgood!

モッツァレラチーズはよくピザに使われていますが、トマトと食べるカプレーゼも美味しく食べられます。

白カビタイプ

◎カマンベール、ブリー、バラカ、サラヴァン、ブリヤ・サラヴァンなど。

白カビを表面に繁殖させてできるチーズ。白カビがチーズの中心部に向かって熟成を進めているタイプ。

カマンベールチーズはチーズフォンデュに向いています。ブリヤ・サヴァランはミルクの味わいがあるため、コーヒーにも合います。

ウォッシュタイプ

◎リヴァロ、マンスティール、ポンレヴェックなど。

表面を塩水やビール・ワインで洗いながら熟成させたチーズ。匂いが強烈であることが多いタイプ。

表面は匂いが強烈ですが、中身はまろやかなので、野菜につけて食べたり、果物と一緒に食べるのがおすすめです。匂いが気になる場合は、チーズの外の皮をむいて中だけ食べてみても楽しめます。

シェーブル(山羊乳)

◎バノン、ヴァランセ、サントモール、ピコドンなど。

名前の通り、山羊の乳を原料にしてできるチーズ。

ジャムをつけて食べても美味しいですし、果物にも合います。野菜につけて食べるときは香辛料を加えると良いでしょう。

青カビタイプ

◎ゴルゴンゾーラ、スティルトン、ババリアブルー、ロックフォールなど。

白カビと同じく、カビを使うチーズですが、チーズの中から熟成していきます。

塩分が多いため、そのままサラダに入れたり、パンと一緒に食べるのも良いです。ぶどう、洋梨など、果物と一緒に食べても合います。

セミハードタイプ

◎カンタル、ゴーダ、サレール、フォンティーナ、マリボーなど。

チーズを作るときに、水分を少なくした、比較的硬いチーズです。ナチュラルチーズの中でも保存性が高く、おだやかに熟成が進みます。

くせが少ないため、チーズ初心者には食べやすいタイプのチーズです。グラタン、サンドイッチ、お酒のあてに向いています。

ハードタイプ

◎エダム、エメンタール、グリュイエール、チェダー、ミモレット、ラクレット。

チーズを作るときに、セミハードチーズよりさらに水分を少なくしたチーズです。硬く、濃厚な旨味が特徴。このタイプもおだやかに熟成が進みます。

調味料として使うのがおすすめです。例えば、スープやソース、粉にしてピザやサラダにかける、など。スパゲッティにも合います。

 

🌟GOD.Make.抜粋

8月4日生まれの著名人

  • ルイ・ヴィトン
  • ルイ・アームストロング
  • バラク・オバマ
  • 佐々木健介
  • 檀れい
  • 山本美憂
  • チャン・グンソク
  • 白濱亜嵐
  • 加藤清史郎

COQUETいしとよ

電話番号/0182-32-5609
住所/〒013-0025 秋田県横手市寿町5-6
駐車場/店舗前に5台駐車スペースあり
定休日/第2・3日曜定休
営業時間/10:00~19:00