アスレチックフードとは?

〜今日のいしとよ第1482回〜

健康や美容に敏感なニューヨーカーなどから支持を得ている、アスレチックフード。高たんぱくな食事・サプリメントの新ジャンルのことをいい、「第3のたんぱく質」とも呼ばれています。

簡単に言えば、これまでにない材料や食材で作られた高たんぱく質食品のことです。手軽に摂れるたんぱく質源としてサラダチキンなども流行しましたが、より手軽に摂れる商品が多いのが特徴です。

たんぱく質を補うものといえばプロテインを飲む、と思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。最近では、女性もシニア世代も日常的にプロテインを取り入れていることも増え、そうした背景で新しい高たんぱく質食品をメーカーが開発したのです。

 

🌟GOD.Make.抜粋

1月16日生まれの著名人

  • 伊藤整
  • 堀内恒夫
  • ダンディ坂野
  • アリーヤ
  • 藤田麻衣子
  • ケイト・モス
  • 小町桃子
  • 赤松悠実





ショウガはどれくらい食べていい?いつ食べる?

〜今日のいしとよ第1481回〜

ショウガの1日の目安量に定めはありません。しかし、『国立研究開発法人 医療基盤・健康・栄養研究所「健康食品」の安全性・有効性情報』によると、ショウガは食べ過ぎると腹痛や下痢をする可能性があります。

健康に良いと言われる食材を過度に摂取するのではなく、バランスよく多くの食材をとるよう心がけると良いのではないでしょうか。

ショウガを摂取するタイミングも、決まりはありません。寒い冬は朝昼夜と食事のたびに取り入れるのがおすすめですが、体質や体調によっては不快な症状がでる可能性があるので、自分なりのベストタイミングを見つけてくださいね。

 

🌟GOD.Make.抜粋

1月15日生まれの著名人

  • マーティン・ルーサー・キング
  • 樹木希林
  • 落合恵子
  • 田中真弓
  • 石原良純
  • ジュンス
  • 三浦葵
  • 吉岡里帆





ゴールデンベリーの栄養成分とは?どんな効果が期待できる?

〜今日のいしとよ第1409回〜

ゴールデンベリーの栄養成分

ゴールデンベリーは100gあたりのエネルギー量は約50kcal、炭水化物11.2g、たんぱく質1.9gと、エネルギー量が少ないため、ダイエット中の人でも食べやすいといわれています。

その他、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンCなどビタミン類を豊富に含みます。カルシウム、鉄分などのミネラル類も豊富です。

期待できる効能

1. 血液をサラサラに

血流が良くなると、健康面だけでなく美容面にも良い影響があります。体の細胞のすみずみにまで血液が届くため、新陳代謝が良くなるためです。

ゴールデンベリーにはビタミンA・ビタミンEが豊富に含まれており、抗酸化作用が期待できます。血管の老化を防ぐため、血液の流れも良くなります。

2. アンチエイジング効果

ゴールデンベリーに含まれているイノシトールは保湿効果があり、肌の潤いを保ちシワ対策が期待できます。

また、イノシトールは脳の活性化にも関係しているため、記憶力や学習能力の向上にも良いといわれています。

3. 貧血予防

貧血や、貧血によるめまいに悩む女性は多いですよね。貧血の原因は鉄が不足する場合が多く、ゴールデンベリーには鉄が豊富なので貧血予防に向いています。

4. むくみ予防

ゴールデンベリーにはカリウムが含まれていますが、カリウムは体内の余分な水分を体外に出すはたらきがあります。むくみやすい人は、ゴールデンベリーを試してみてはいかがでしょうか。

 

🌟GOD.Make.抜粋

11月4日生まれの著名人

  • 池内淳子
  • 西田敏行
  • リリー・フランキー
  • 名倉潤
  • 尾野真千子
  • T.O.P
  • 畠山智妃
  • 浅倉結希
  • 宮本佳那子