〜今日のいしとよ第1304回〜

バージンオリーブオイル

エクストラバージンオリーブオイル

果実をそのまましぼったもの。酸度は0.8%以下。

素晴らしい食味と香りが特徴。数あるオリーブオイルの中でも酸度が低いのも特徴です。

ファインバージンオイル

酸度は2.0%以下。

エクストラバージンオリーブオイルと同じく、素晴らしい食味と香り。辛み・苦味がやや強いのが特徴。日本には食用油の品質基準の関係から、輸入できません。

オーディナリーバージンオリーブオイル

酸度は3.3%以下。

良好な食味、風味が特徴。ファインバージンオイルと同じく、日本には輸入できません。

ランパンテバージンオリーブオイル

酸度は3.3%以上。

食用には向いておらず、精製が必要なオイルです。

 

🌟ALBION-BLOG.抜粋

7月22日生まれの著名人

  • ドン・ヘンリー
  • 原辰徳
  • 森公美子
  • 内村光良
  • 吉高由里子
  • コムアイ
  • セレーナ・ゴメス
  • 仁藤萌乃
  • 武藤小麟

〜今日のいしとよ第1303回〜

オリーブオイルについて

オリーブの果実からとれる植物油です。果実そのものをしぼって、油分を分離させたもので、フレッシュな風味が特徴です。

主成分はオレイン酸という脂肪酸で、比較的酸化しにくい脂肪酸です。その他、オメガ3系、リノール酸やリノレン酸など、人の体では生成できない脂肪酸も含んでいます。

最近では「オリーブオイル=健康」という認識になっていますよね。

品質

化学的に分類できるような成分分析をおこない、エキストラバージンオイルなのか、もう少し品質は落ちるのか…などが決められています。

8等級に分類されますが、これは国際オリーブ協会が定めたもの。日本では品質に関する規格は法的にはありません。

酸度

オイルの「鮮度」をあらわすものです。要するに、どれくらい酸化しているか、ということです。

オリーブオイルでは、脂肪酸がどれくらい遊離しているかを示しています。例えば、「酸度1%のオリーブオイル」は、100gのオリーブオイルのうち1gが遊離しているということです。(※遊離している割合が多いほど、酸化が進んでいる、ということ)

酸度の数字が低いほど、新鮮なオリーブオイルというわけです。

 

🌟ALBION-BLOG.抜粋

7月21日生まれの著名人

  • アーネスト・ヘミングウェイ
  • ヘレン・メリル
  • 船越英一郎
  • 羽賀研二
  • 勝村政信
  • シャルロット・ゲンズブール
  • はるな愛
  • 藤川球児
  • 小林麻央
  • オコエ瑠偉

〜今日のいしとよ第1302回〜

続いて、ルージュ、アイカラーなどの新色・限定色です。

(写真左上から時計まわりに)

【9月16日(月)発売】

・クリエイティブ アイカラー15番(6,000円/税抜)

・プライムルージュ RS502(6,000円/税抜)

・ネイルカラー S 18番(2,500円/税抜)*限定色

・ネイルカラー S 19番(2,500円/税抜 )*限定色

・デザイニング ルージュ RD301(4,000円税抜)

・クリエイティブ アイカラー14番(6,000円/税抜)

 

クールなブルー系と、センシュアルなピンク系の2種のアイカラーを中心に、「凛としたハンサム」、「品のいいエレガント」の2つの表情をつくるメイクパターンをご提案をします。秋メイク、何からはじめよう?と迷ったら、ぜひ店頭にご相談くださいね。

 

その他にも、マスカラやアイライナー、リップトリートメントなど、ラインナップの詳細は8月30日に公式サイトにてご紹介する予定です。どうぞお楽しみにキラキラ

 

🌟ALBION-BLOG.抜粋

7月20日生まれの著名人

  • メンデル
  • 緒形拳
  • 間寛平
  • ラリー・レヴァン
  • 八波一起
  • はなわ
  • ジゼル・ブンチェン
  • 上原歩
  • 横澤夏子
  • 斉藤優里

〜今日のいしとよ第1301回〜

先日に続き、今日もエクシアAL秋の新製品速報です♪

今日は、 メイクアップ編ということで、ベースメイクから1品、ポイントメイクから4品をご紹介いたします。

 

(写真右)

【9月16日(月)発売】

エクシア AL

パーフェクト リフレクション

<部分用ファンデーション>

2色 各5,000円(税抜)

 

 

まず最初は、ベースメイクの仕上がりをぐっと高めてくれる部分用ファンデーション、「パーフェクト リフレクション」です。自然なツヤ感のあるしっとりとしたベースは、肌に寄り添うようにピタリとフィット。光と色の効果で、クマや色ムラなどを自然にカバーします。

 

ピンク系の01番(写真左)は、クマなどのカバーに、オークル系の02番(写真右)は、シミやニキビ跡などの色ムラカバーにおすすめですよ。

🌟ALBION-BLOG.抜粋

7月19日生まれの著名人

  • 水野忠邦
  • エドガー・ドガ
  • 近藤真彦
  • 宮藤官九郎
  • 原田篤
  • 藤木直人
  • 山本奈々
  • 小嶺麗奈
  • 内田仁菜

〜今日のいしとよ第1300回〜

そして2品目。

憧れの手肌へ導くハンドトリートメントもさらなる高みへ

 

エクシア AL

グランド エターナル ハンド

<薬用美白ハンドクリーム>

110g  8,000円(税抜)

〔医薬部外品〕

 

手肌は、品格を物語ると言います

でも、子どもを育て上げた手、懸命に働いた手も素敵。過ごしてきた時間の深みを感じ、尊敬の念が湧き上がりますラブラブ

それでもなめらかで透き通った手肌は女性の憧れ。輝きやふくよかさを見失い荒れてやせてしまう時間を重ねた手肌を、なめらかでハリのある手肌へと導いてくれる、薬用美白ハンドクリームで、今日1日起きたすべてのことと共に過ごしてきた自分の手を、慈しみ磨き上げて欲しい…。そんな想いをこめた1品です

 

止まない肌。

日々、美しさを更新する。

EXCIA AL SKIN CARE

 

さらに高まる

深まる、美の可能性を、是非ご堪能ください

 

🌟ALBION-BLOG.抜粋

7月18日生まれの著名人

  • ネルソン・マンデラ
  • 中西保志
  • 浜田麻里
  • 板尾創路
  • 大倉孝二
  • 広末涼子
  • 山本美月
  • 渡辺彩乃
  • テミン

〜今日のいしとよ第1299回〜

本当に夏は来るのはてなマークと、少し不安な気持ちにもなる今年の7月。風邪をひいている方も多く、また農作物への影響も出始めているとか…(洗濯物もスカッと乾きませんよね…)

暑ければ暑いで日々の健康に留意しなくてはいけませんが、暑くならないと暑くならないで心配事も起こります

そんな今日のブログでは、冷夏を心配しながらも、9月のエクシアALより登場する新製品の情報をお届けいたしますメモ

エクシア AL のスキンケアは、無限に広がる美の可能性を追求し、どこまでも攻めの姿勢で、あらたなるアイテムづくりに挑戦し続けています。そんな挑戦は今回スペシャルケアのアイテム2品のパワーアップ。お使いいただくみなさんの美意識を、より一層高めます

 

まずは1品目。

エメラルド色のオイルが、パワーアップ

 

エクシア AL

シークレット フォーミュラ オイル ファム

<化粧油>

30ml 10,000円(税抜)

 

もちろんアルビオンのアイテムは、男女問わずにご愛用いただいております。が、今回のオイルは、女性にうれしい植物オイルと心落ち着く製油の香りをより多く携えパワーアップコスモス!! 「あとは水さえあれば生きていける」といわれるほどの高い栄養効果のチアシードが鍵となる、美のバランスをご堪能いただけます

香りは幸福感をもたらすといわれるクラリセージや、怒りを和らげるともいわれるサイプレスなどを中心にした、エレガントで透明感のある印象で、肌にオイルを伸ばした手のひらを、いつまでも香っていたくなるほど、心に安らぎが沁み入り広がります

🌟ALBION-BLOG.抜粋

7月17日生まれの著名人

  • 徳川家光
  • 大竹しのぶ
  • ウォン・カーウァイ
  • 北村一輝
  • 田中律子
  • トシ
  • 浅田舞
  • 梅本まどか
  • 北野日奈子

〜今日のいしとよ第1298回〜

脳が快感を得る

「美味しい」と感じた食べ物は、脳はそれを関連付けて覚えます。塩辛い味、うまみ、甘みなど、ジャンクフードには普通の食事にはない美味しさがありますよね。販売する会社も、満足度が高い商品にするために、さまざまな美味しさを研究しているからです。

脳を刺激するような、リピートしたくなる魅惑的な味やパッケージ

ジャンクフードは、何度も食べたくなるような味になっています。また、パッケージデザインも含め、その商品を再び見たときに「食べたい!」と思わせる工夫がなされています。

普通は、何度も同じものを食べていると、飽きますよね。しかし、ジャンクフードは飽きる感覚がないようにできています。

例えばポテトチップスでいうと、そのパッケージから、パリパリという食感、塩辛さの感覚が、脳がいつも「新しい」と感じるのです。その結果、何度もリピートしたくなり、最終的には依存症になるわけです。

 

🌟GOD.Make.抜粋

7月16日生まれの著名人

  • 福田康夫
  • フィービー・ケイツ
  • 児嶋一哉
  • 尾上寛之
  • 諸見里しのぶ
  • 宇野実彩子
  • ダレノガレ明美
  • 山田哲人
  • 藤井夏恋

〜今日のいしとよ第1297回〜

匂いがおかしい

いわゆる油臭いような、不快な匂いがする場合です。そんな場合は迷わず新しいものを使うようにしましょう。

色が濃くなった

油は酸化すると、色が褐色になっていきます。購入したときよりも色が濃くなったと感じた場合、酸化している合図と思いましょう。

揚げ物の仕上がりが悪い

揚げ物がカラッと仕上がらない・風味がよくない場合です。

酸化した油で揚げた場合、ベタッと感じることがあります。揚げ物に使う油は2~3回、繰り返し使うことも多いですが、気になる人は都度変えてみてはいかがでしょうか。

 

🌟GOD.Make.抜粋

7月15日生まれの著名人

  • リンダ・ロンシュタット
  • 小池百合子
  • ジョー・サトリアーニ
  • 小泉里子
  • すみれ
  • 柏木由紀
  • 久住小春
  • 森本慎太郎

〜今日のいしとよ第1296回〜

「油や脂肪も生鮮食品」といわれるように、どんな油でも加熱などで質が悪くなります。酸化する原因は、光・熱・酸素・水・金属などに触れることです。

揚げ物など高温で調理するときには油は酸化します。空気に触れるよりも、劣化しやすいといわれているので、要注意。

商品になるまでに何度も高温にさらされて精製された油は、避けたほうが良いでしょう。「高温圧搾法」という方法が当てはまりますが、有害な物質が含まれる場合もあるので、気になる人は先に述べた低温圧搾法の油を選ぶようにしましょう。

🌟GOD.Make.抜粋

7月14日生まれの著名人

  • 久米宏
  • 水谷豊
  • 桜庭和志
  • 鈴木真仁
  • 平野耕太
  • 椎名桔平
  • 魚住有希
  • 山本彩

〜今日のいしとよ第1295回〜

原料

良質な油は、まず原料が大切です。

油の原料は、

  • 植物の種
  • 木の実
  • 動物性

などさまざまですが、植物由来のものが健康に良いといわれています。例えば、ひまわり油や亜麻仁油など。

植物由来でも、加工の仕方で必ずしも「良い油」とはならないので、要注意です。

製造工程

健康を考えた製造法は「低温圧搾法」といいます。47度以下の環境で、原料から低温圧搾します。

メリットは、

  • 製造中に高温・光・酸素にふれない
  • 精製しない
  • 栄養素が破壊されない

などが挙げられます。

油を大量生産するようになり、「溶媒抽出法」という方法が出てきました。そもそも、原材料を大量生産する方法であるため、原材料は農薬や化学肥料を使っています。加工段階で、健康に良いとされるオメガ3脂肪酸、オメガ6脂肪酸が除去されてしまいます。

効率化のため、このように除去するものも多いですが、防腐剤などが添加されることも多く、やはり低温圧搾法と比べると健康的とはいえません。

 

🌟GOD.Make.抜粋

7月13日生まれの著名人

  • ハリソン・フォード
  • 関口宏
  • 水野良
  • 中森明菜
  • 北斗晶
  • 高木勇人
  • 道重さゆみ
  • 能年玲奈
  • 上枝恵美加