マイナス行動の前にチェック。“少しの事で不安になる…”秋メンタルに陥りがちな女性の為の安定術

8932c6528a01eb65d0bd86dfd0d0a368

〜今日のいしとよ第311回〜

彼からの連絡が遅いだけで嫌われたような気がしたり、突然将来が不安になったり…、秋に訪れる憂鬱さには、実は理由があるのです。マイナス思考に陥り、その場の感情で行動を起こしてしまう前に気持ちを落ち着かせる3つのメンタル術で余裕を持った女性に生まれ変わりましょう。

秋になると“悲・憂・不安”の感情が支配しがちに…

人間は、四季によって特有の感情が存在すると言われており、春には多くの出会いや別れがあるため秋と同じく感情が乱れがちになりますが、暖かくなり始めやる気に溢れる季節なので徐々に活性化していきます。また、夏は木々が生い茂り更に気持ちが高揚するので一番アクティブな季節と言えます。
秋メンタルの原因
・気圧によって自律神経が影響を受ける。
・夏の疲れが秋の半ばに大きく現る。
・植物が枯れる事により無力感を感じる。
・日照時間が短くなり、冬に向かう体と夏を引きずる脳がリンクしない。

秋になると何故か胸が切なくなるのは、以上の事が関係しています。気候そのものによる感情の乱れ、視覚による感情の落ち込みなど幾つもの要素が重なり秋は落ち込みやすくなってしまうのです。
余裕の女性をつくる“秋メンタル”の整え方3選

①:自立神経を整える爪もみマッサージ

不安やイライラを覚えたら、最も簡単に出来るのが爪もみマッサージです。薬指には交感神経を刺激する働きがあるので、両手の薬指の爪の生え際の両角を痛気持ちいくらいの強さで10秒ずつ、押してあげると気持ちがリラックスしてきますよ。1日に2~3回程度を目安にし、時間があるなら一緒に手のマッサージをすると気分がリフレッシュ出来ますよ。

②:ホットミルク・ココア・白湯を飲む

ホットミルクにはトリプトファンが含まれており、精神を安定させ安眠できる効果も持ちます。また、ココアに含まれるテオブロミンやカカオポリフェノールには自律神経を整える働きがあるため、気持ちを楽にしてくれますよ。ミルクやココアがなくても、腸が動く事によって副交感神経が刺激されるため、水や白湯などを飲むだけでも効果的が期待できるのです。

③:秋の味覚を楽しむ

血糖値が上昇すると気持ちが落ち着く効果があるので甘い物は有効です。しかし、糖分の摂り過ぎで血糖値が急降下すると更にイライラしてしまうので、添加物が含まれるお菓子などではなく、秋の味覚であるサツマイモや栗を少し頂くなどつまむ程度が理想です。また、旬の食べ物には栄養がギュッと詰まっているので、食事を楽しむ事も大切ですよ。

秋は落ち込みやすいため、その時の不安感情で行動すると、後から「何でこんなこと言ったんだろう…してしまったんだろう…」と後悔しがちです。心が乱れたら、ぜひ3つのコトで心を落ち着かせてみて下さいね♡

🌟by.S抜粋

本日のバースデイカラー『錆納戸』

色言葉は『継続・安らぎ・自然』

COQUETいしとよ

電話番号/0182-32-5609
住所/〒013-0025 秋田県横手市寿町5-6
駐車場/店舗前に5台駐車スペースあり
定休日/第2・3日曜定休
営業時間/10:00~19:00