紫外線の種類と肌への影響

〜今日のいしとよ第508回〜

紫外線にはUV-A、UV-B、UV-Cの3種類があります。
それぞれ長さが異なり、肌に届く場所、与えるダメージが異なります。

  • [UV-A]真皮まで届きます。UV-Bによって作られたメラニンを酸化させるサンタン(肌を黒くする日やけ)の原因となります。また波長が長いため、じわじわとダメージを与え、シワやたるみを引き起こします。雲やガラスも通り抜けるので、くもりの日や室内でも存在します。
  • [UV-B]表皮までしか届かないが、肌への影響が大きく、シミやそばかすの原因になります。色素細胞が防御反応を起こし、メラニンを作り、サンバーン(肌が赤くなる日やけ)の主な要因です。
    晴れた日の屋外の日やけはこのUV-Bが主な要因です。
  • [UV-C]オゾン層でほとんど吸収され、地上には届かない。殺菌作用が強く、生体への破壊力も強い。

 

🌟ALBION-BLOG.抜粋

 本日のバースデイカラー『枯草色』

色言葉は『理解力・アイデア』

COQUETいしとよ

電話番号/0182-32-5609
住所/〒013-0025 秋田県横手市寿町5-6
駐車場/店舗前に5台駐車スペースあり
定休日/第2・3日曜定休
営業時間/10:00~19:00