ほしい肌色を手に入れる☆モデリングカラーベースの選び方

〜今日のいしとよ第1061回〜

この秋冬は、これまで以上に生っぽい肌がトレンド。頬の赤みやシミ・ソバカスまで個性として生かしましょう、というものですが、そうは言っても気になりますよね。

 

見せたくない部分はカバーしながら、旬の生肌に見せるなら、ファンデーション前の肌色修正が効果的。赤み、クマ、くすみ、シミ・ソバカスなどの肌悩みにぴったりのカラーを選べるのが、エレガンスの“モデリング カラーベース”です。

エレガンス 

モデリング カラーベース EX

<肌色修正メイクアップベース>

SPF20 PA++

30g / 5色 / 各4,500円(税抜)

 

全5色あるので、どうやって選ぼう・・・と悩みますが、肌悩みから選ぶなら、以前ご紹介したモデリングカラーベースUVの色選びと同じです。ホワイトやベージュはなんとなく分かりそうなので、他の3色についてもう一度選び方のポイントを改めてお伝えしますね。

 

【色選びのポイント】

 

●PK100 (ピンク)

なんとなく顔色が冴えない、くすみが気になる方には、ピンクがおすすめ。明るく血色感のあるフェミニンな印象を与えてくれます。

 

●OR200 (オレンジ)

目もとのくま・くすみ、シミ・ソバカスが気になる方には、オレンジを。影を自然にカバーしてフレッシュな印象に。

 

●GR400 (グリーン)

頬の赤みやニキビ跡が気になる方には、グリーン。肌のトーンを整えて、クールな印象をつくります。

 

 

肌悩み以外では、なりたいイメージやファッションに合わせてカラーを変えるというのもあり。例えば、今年トレンドのパープルや、ベーシックな黒を着るときは、同じ青みのニュアンスをもつピンクを使うと、統一感が出て色だけ浮きません。元気なイエローやキャラメルのようなブラウンを着るなら、オレンジがぴったりです。

 

ひと手間かかる肌色修正ですが、そのメリットはたくさん!

●肌悩みをナチュラルにカバーするから、ファンデーションをたくさん塗らなくていい

●ファンデーションが薄くてすむから、化粧崩れしにくくなる

●肌がよりつるんとなめらかに見える

●どんなメイクもファッションも似合うようになる

 

ぜひ、ぴったりの一色を見つけに、お店にいらしてくださいねドキドキ

🌟ALBION-BLOG.抜粋

本日のバースデイカラー『ペールサロー』

色言葉は『せんさく・友人・うぬぼれ』

COQUETいしとよ

電話番号/0182-32-5609
住所/〒013-0025 秋田県横手市寿町5-6
駐車場/店舗前に5台駐車スペースあり
定休日/第2・3日曜定休
営業時間/10:00~19:00