日焼け止めと化粧下地を混ぜるのはあり?肌に悪い?

sun-622740_640

〜今日のいしとよ第131回〜

日焼け止め⇒化粧下地⇒ファンデーションって、

けっこう面倒ですよね忙しい朝には特に!

そんなとき、日焼け止めと化粧下地を混ぜるのはどうなんでしょう?

日焼け止めと下地を混ぜて使っても、

重ねて使った場合に比べて肌に悪いということはないと思われます。

(もしかしたら成分的に相性が悪いものもあるかもしれませんが)

でも、混ぜて使うのは×です。

その理由は、日焼け止め、化粧下地それぞれの効果が発揮できなくなってしまうから。

まず、日焼け止めは、既定の量を塗ることでそのSPF値を発揮することができます。

混ぜることで日焼け止めを使う量が少なくなると、

せっかくの紫外線防止効果は落ちてしまいます。

また、上に書いたように日焼け止めは全体的に均一に塗ることが必要ですが、

化粧下地は肌の気になるところをカバーするもの、

均一にというわけにはいかないですよね。

それに、混ぜることで、化粧下地の本来の効果、肌をなめらかにしたり、

ファンデーションのつきをよくするなどの効果が薄くなってしまったり、

商品の相性によっては、固まったり、もろもろが出てしまうことも考えられます。

併用すると日焼け止めを塗った後のべとつきが気になるのであれば、

ティッシュで軽く抑えてから化粧下地を使うとべとつきが抑えられますよ💖

 

本日のバースデイカラー『ターコイズグリーン』

色言葉は『成熟・バランス・創意』

COQUETいしとよ

電話番号/0182-32-5609
住所/〒013-0025 秋田県横手市寿町5-6
駐車場/店舗前に5台駐車スペースあり
定休日/第2・3日曜定休
営業時間/10:00~19:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です