COQUET いしとよ
  • TEL 0182-32-5609
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • 新着情報
  • 新商品
  • おすすめ
  • 限定品
  • イベント
  • サービス
新着情報

若い女性に増える“イビキ”。寝ている間の不安は二重顎と一緒に解消したい女性の為の対策とは

cached

〜今日のいしとよ第202回〜

男性や年配の方に多いと思われていた“イビキ”は、今若い女性にも急激に増えています。友達や彼の前でもぐっすり眠れるように、女性のためのイビキ対策を実践したいですね。

毎日イビキをかく女性は3人に1人
とある製薬会社のアンケートに対し、実に30%以上の女性が「ほぼ毎日いびきをかく」と回答しているそうです。つまり3人に1人はイビキをかいているという事ですね。自覚がないだけで実際はもっと多いのかもしれませんし、自分は大丈夫と過信しない方がいいかもしれません。
いびきをかく女性はだいたい3人~4人に1人といわれているようですが実は気づいてないだけでもっと多いのかもしれないですね。

イビキをかいてしまう原因

本来なら開いているはずの軌道が狭くなってしまうことで起きる“イビキ”。イビキをかくという事は酸素不足に陥っているため、高血圧・糖尿病、心臓疾患・脳疾患などの病気をかかりやすくしてしまうほか、ストレスや肥満になりやすく痩せにくい体へと変えてしまうのです。
いびきの主な原因は、空気の通り道である「上気道」が何らかの原因で狭くなることにあります。狭いところを空気が通ろうとすると空気抵抗が大きくなり、呼吸をしたときに粘膜が振動して音が生じます。この振動音が、「いびき」です。

原因①顎が小さい

小顔に憧れる女性は多いですが、小さくてシュッとした顎は実はイビキをかく原因になってしまいます。アゴが小さく後退気味だと、寝たときに舌のつけ根部分が奥へ落ち込み、ノドが狭くなります。特に柔らかいものばかり食べて顎が未発達で小さい方は注意が必要です。
若い女性のあこがれといえる小顔ですが、じつはいびきをかきやすいというリスクもあるのです。

原因②女性ホルモンの低下

女性ホルモンの分泌が盛んな年代の女性は、ホルモンが上気道開大筋という上気道の空間を支える筋肉の働きを活性化してくれるので、空気の通りがよくイビキをかきにくいそうです。そのため女性ホルモンが低下するとイビキをかきやすくなってしまいます。
いびきには、女性ホルモンが関係していることを指摘する研究者もいます。実際に、プロゲステロン(黄体ホルモン)製剤が、いびきの治療に効果をみせることもあります。

原因③普段から口呼吸

イビキをかく人は口を大きくあけているイメージがありませんか?口呼吸をすると、鼻呼吸をする時よりも上気道のうち、特に咽頭が狭くなりますので、いびきをかきやすくなるのです。
いびきの大きな原因の一つ「口呼吸」。実際、イビキをかく人のほとんどが口呼吸をしている、または口をあけたまま寝ているといわれるほど、いびきと口呼吸は密接な関係があるのです。

原因④脂肪がついている

首周りに脂肪がついていると気道を圧迫し狭くしてしまいます。太っている人がイビキをかいてしまうのはこのせいです。また、舌の筋肉も使わないと肥大してしまうので、まずは首痩せと舌を鍛えることが必要です。
肥満で首周りに脂肪がついてしまい、短く見える人はもちろんのこと、体型は普通でも、首だけ短い人がいます。首が太いからと言って、それに伴って気道も太いわけではないのです。首だけが太い人でも、肥満の人同様、気道に脂肪がついて狭くなり、いびきをかきやすくなるのです。

女性のイビキ対策

イビキを防ぐには気道を広げてあげる必要があります。その為には舌が落ちないようにしっかりと鍛える必要があるのです。
舌のトレーニング

▼あいうべ体操
1.口を大きく「あ~」「い~」「う~」「べ~」と動かす。

2.出来るだけゆっくりと、「あいうべ」で4~5秒、1分間に10回程度。

一日最低30セットが目安です。口周りと舌の筋肉が鍛えられ、口呼吸の矯正と舌根沈下の改善効果が見込めます。
「あ~い~う~べ~」と発音しながら行う簡単なトレーニング。主に口呼吸を鼻呼吸に改善するのがメインの効果。

▼べろ回し
1.口を閉じて舌を歯の表面に沿ってぐるぐると回す。

2.左回りに20回、右回りに20回を1セット

あまり早く雑にならないように、ゆっくり目に回していきます。これを一日3セット行うと舌が鍛えられますしほうれい線も薄くなります。
簡単に口から頬にかけての筋肉が刺激でき、頬のたるみやほうれい線、顔のゆがみ改善効果が期待できますよ。

首のトレーニング
1. 右の側頭部に手の平を置き、首の右側の筋肉に5秒程度負荷をかける。

2. 左の側頭部に手の平を置き、1の流れを繰り返す。

3. オデコに両手を置いて、同じ流れ。

4. 後頭部に両手を置いて、首の裏側を鍛えて終了。

5. これを3セット程繰り返す。

首の脂肪を燃焼する事で気道が広がりやすくなりますし。綺麗な首のカーブを維持しやすいですよ。
首周りの筋肉を鍛える事で、気道を引っ張る力が安定するのと同時に、余分な脂肪を燃焼する効果も期待出来ますのでいびきを改善する為の筋トレとしては、理想的な方法です

横向きに寝る

お酒を飲んだ後や疲れている時は特に舌が沈み込んでしまいイビキが酷くなります。そんな時は横向きに寝ると舌で気道を塞がないのでイビキ対策に効果的ですよ。しかし、横向きばかりで寝ていると体の歪みになりますので根本的に改善したいですね。
横向きだと舌が沈み込まないので、いびきが軽くなる人は多いです!首や腰の辺りに丸めたタオルをあてがうと、楽に横向きの姿勢がとれます。

絆創膏を貼る

口にテープを貼る事で、自然と鼻呼吸になりイビキを解消してくれます。イビキ専用のテープもありますが絆創膏でも代用できますよ。人前では、中々難しいですが継続的に行う事で口呼吸から鼻呼吸への改善が期待できます。
遠藤先生がすすめるいびき解消法が絆創膏を縦に口に貼るというもの。これにより口呼吸から鼻呼吸になりいびきをかくことを防ぐことができるといいます。

最近ではイビキの録音アプリで自分のイビキチェックをする方も増えてきているようです。イビキ対策は同時にフェイスラインも綺麗にしてくれるので、ぜひ試してみて下さいね♡

🌟by.S抜粋

本日のバースデイカラー『パールホワイト』

色言葉は『秘密・孤独・正義感』

COQUETいしとよ

電話番号 / 0182-32-5609
住所 / 〒013-0025 秋田県横手市寿町5-6
駐車場 / 店舗前に5台駐車スペースあり
定休日 / 第2・3日曜定休
営業時間 / 10:00 ~ 19:00

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です